読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

話し合いの一部始終④

4回目の話し合いは、「要求書」に記した回答期限の8月7日でした。
A4ペラ1枚の「回答書」が私に手渡され、エライ人が文章を読み上げました。

私の「要求書」では、①会社としての謝罪文 ②配置転換 ③法令遵守と再発防止策 の3つを要求事項としていました。しかし「回答書」の回答は、そもそも、違法行為というべき「精神的苦痛を負わせる言動」自体があったとはいえず、従って要求事項には応えられないというものでした。

この回答は、いわば、要求の根拠自体を全否定するものです。私の全面敗北といっても仕方がないものだと思います。
たとえ謝罪文は書かせられなくても、違法行為とまでは認めさせられなくても、私が精神的苦痛を負ったという事実の、せめてその一部分さえも認めさせることができなかったのは、無念の一言です。

しかし、要求3項目を受け入れない場合の条件としていた「会社都合退職」は、退職勧奨という形で認めさせることができました。
本来であれば、会社側に何の負い目もないのなら「会社都合退職」にする必要はなく、「自己都合退職」で処理すればいいはずです。「会社都合退職」扱いを認めたということは、今回の事件に関して会社が(文書中には明示はされなかったものの)多少なりの責任を認め、会社側として一定の譲歩をしたのだ。私は、そう受け止めました。

実際、もし「会社都合退職」さえも会社が認めなかった場合には、私は交渉を続行する考えでした。「会社都合退職」は、私にとって最後の砦だったのです。
おそらく、私のその思いは「要求書」にも反映されていたと思いますし、会社側もそれを読み取って回答したのだと思います。

 

到底、納得できる結果ではありませんでした。でも私は、自分がやれるだけのことはやり、最低限のものだけは得ることができたと感じました。

 

そういうわけで私は、8月31日をもって退職することで、会社と合意しました。

 

4回の話し合いを振り返って。
話し合いの場というのは、とてもシビアなものでした。ほんの軽い言葉でも、自分にとって不利に働くことのないように、毎回、細心の注意と緊張感をもって臨みました。おのずと、会社側に厳しい言葉をぶつけることにもなりました。

でも、最後の話し合いのその最後、短い言葉ではありましたが、今まで3年5ヶ月間在職させてもらったことについて、お礼を言うことができました。
また、話し合いの結果はともかくとして、私の申し立てに対して真摯に対応してもらい、忙しいなか時間を割いてもらったことには、感謝しています。

そして。
ツイッター等で多くの皆さんから、助言や応援や心配をたくさんいただきました。皆さんがいなかったら、私は絶対ここまでやり遂げることはできませんでした。本当にありがとうございました。

広告を非表示にする